四人家族。
いろいろな悩みを抱えながら日々生活しています。子育て、主人のこと、借金・・・。


プロフィール


すーちゃん

Author:すーちゃん
現在、30代後半。主人・子供2人の4人家族。430万円あった借金が任意整理後232万7千円。H17年12から支払い開始。H20年8月完済しました。あとは、主人のVISA約50万円(自己申告)私の銀行カード2,482円です。
相変わらず生活は苦しいですが、なんとか生きています(笑)。



最近の記事




最近のコメント




最近のトラックバック




月別アーカイブ




カテゴリー




フリーエリア




アクセスランキング




ブロとも申請フォーム


この人とブロともになる



ブロとも一覧




ブログ内検索




RSSフィード




リンク



このブログをリンクに追加する

--.--.--  スポンサーサイト <<--:--


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


No. / スポンサー広告 // PageTop▲

2005.10.01  消費者金融で借金するまでの私。 <<16:20


私は、「借金は犯罪。人間の恥。」と思っている両親に育てられました。

小さい頃から貯金が好きで、100円もらったら絶対全部は使わず10円でも残していました。
貯金箱にたまるお金の重さを感じてはにやついていました。
嫌な小学生。

お金を貸すと、しっかり利子を取っていました。
親が「明日返すから1000円貸して。」と言うので、あっさり貸すとします。
次の日親が「ありがとう。」と言って1000円私に渡すと「なにか足りないよ。」と言ってプラス何円かもらっていました。
親はよく、「すーちゃんからはお金を借りるもんじゃない。やくざよりもお金を取られる。」なんて笑いながら言ってました。

脱サラは「サラ金の取立てから逃げて、田舎で再出発を始めた人。」と本気で思ってましたから(笑)。

就職してからは、親から「絶対他人から1円でも借りるな。困った時は親に連絡をくれ。」と言われていました。ですから、ちゃんと親に連絡していました。「お金を貸してください。出世払いで(今頃の人はこんな言葉使わないんでしょうね・・・)」と。

お金に困っても、サラ金から借りると言う選択肢も無かったです。

サラ金からお金を借りる→返済不能になる→やくざがくる→東南アジアに売り飛ばされるという考えが頭にありましたから。

そんな私が3万円くらいが財布に無くて、消費者金融にお金を借りてしまい、それがきっかけで10年で180万円の借金を作るのです。
スポンサーサイト


No.628 / 私の借金 // PageTop▲

 Home 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。