四人家族。
いろいろな悩みを抱えながら日々生活しています。子育て、主人のこと、借金・・・。


プロフィール


すーちゃん

Author:すーちゃん
現在、30代後半。主人・子供2人の4人家族。430万円あった借金が任意整理後232万7千円。H17年12から支払い開始。H20年8月完済しました。あとは、主人のVISA約50万円(自己申告)私の銀行カード2,482円です。
相変わらず生活は苦しいですが、なんとか生きています(笑)。



最近の記事




最近のコメント




最近のトラックバック




月別アーカイブ




カテゴリー




フリーエリア




アクセスランキング




ブロとも申請フォーム


この人とブロともになる



ブロとも一覧




ブログ内検索




RSSフィード




リンク



このブログをリンクに追加する

--.--.--  スポンサーサイト <<--:--


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


No. / スポンサー広告 // PageTop▲

2006.02.08  私が看護婦になった理由 <<05:49


おはようございます。

私が看護婦になった理由は・・・免許をとったら、結婚して再就職するときに困らないからなんです。かっこいい理由を期待していた方ごめんなさい。こんな不純な理由です。だから、患者さんから「なんで看護婦になったの?」なんて聞かれたときは、「母親が看護婦だったから自然に」とか「困った人を助けてあげたい」とか言っていました。

高校3年生のとき、就職しようか進学しようかと迷っているときに、母親の「手に職をつけていたほうがいいよ。看護婦か美容師になったら?でも、アンタは器用じゃないから看護婦がいいかも。就職に困ることもないと思うよ。髪の毛を切ることは我慢できても、病気は我慢していかなくてもいいって事ないからね。絶対、美容院がなくなったとしても、病院はなくならないから。」という言葉からでした。実際、就職に困ったことはありません。給料もそれなりですし・・・。

でも、「ただ就職に困らないから。」だけじゃないと思います。小さい頃から、母親の仕事(看護婦)を見てきました。実際に病気を診断し薬を出すのは医師だけど、支えているのは看護婦もその一人だと思います。親の声がけに「有難う。」と笑顔で言っている患者さんを見て「看護婦さんっていいかも」と思ったのも事実です。小学校の頃から、将来のなりたい職業の絵を描くときはいつも看護婦さんの絵でした。本当は小さい頃から看護婦になりたくて、そのきっかけが見つからなかっただけかもしれません。お母さんのあのときの言葉、感謝しています。
スポンサーサイト


No.129 / 私事 // PageTop▲

 Home 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。