四人家族。
いろいろな悩みを抱えながら日々生活しています。子育て、主人のこと、借金・・・。


プロフィール


すーちゃん

Author:すーちゃん
現在、30代後半。主人・子供2人の4人家族。430万円あった借金が任意整理後232万7千円。H17年12から支払い開始。H20年8月完済しました。あとは、主人のVISA約50万円(自己申告)私の銀行カード2,482円です。
相変わらず生活は苦しいですが、なんとか生きています(笑)。



最近の記事




最近のコメント




最近のトラックバック




月別アーカイブ




カテゴリー




フリーエリア




アクセスランキング




ブロとも申請フォーム


この人とブロともになる



ブロとも一覧




ブログ内検索




RSSフィード




リンク



このブログをリンクに追加する

--.--.--  スポンサーサイト <<--:--


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


No. / スポンサー広告 // PageTop▲

2005.10.31  仕事のこと <<13:57


今日は、久々に仕事のことを書きます。

なんだか、慣れては来たんですけど、うまくいかないというか、手際が悪い。自分でも、先輩看護婦を見て「あ、そうすればよかった。」「そうしたほうがスムーズだ。」と思っていても、体が・・・。半日(4時間)の仕事なのに。覚えが悪いきのこです。

しかし、そういっていても先には進めない。ちゃんと給料もらっているのだから、しっかり覚えて、足手まといから脱出するぞ!
スポンサーサイト


No.30 / 仕事 // PageTop▲

2005.10.30  袋分けを主人がする。 <<06:23


給料日は25日ですが、その時主人が銀行の袋(お金を入れる封筒)を持ってきました。

「これからは、引き締めていかなければいけないから、銀行で下ろしに行かず、ある程度先に下ろしていれば手数料も掛からないし、ここに二つの封筒を用意したから。1つは、食費3万円入れてある。これからお金を出して使おう。あまれば来月に回そうや。で、もう1つは、雑費。子供のお小遣いはここから出したから。二人で4000円。あと、6000円を医療費もろもろ使っていこう。」

ビックリです。これまで、なんでも適当だったのに・・・お金の詳細はまだはっきりしてないけど、袋分けを提案してきて実行しようとしているだけでも進歩です。私は嬉しくて「そうだね。そうしよう。」と大きな声で返事しました。封筒のお金を使ったときには、レシートを入れて、使ったお金・残金を封筒に記入しています。これから継続して節約を定着させたいと思います。主人が頑張っているんだもん。私も、頑張るぞ!

No.29 / 主人 // PageTop▲

2005.10.29  見栄っ張りなのは私。 <<05:51


昨日は、子供の友達とママと私の子供と私の4人で、○ティー(スーパーマーケット)に買い物のついでに、ゲームをしに行きました。女の子がよくするラブ&ベリーです。ママとお話しまくりました。子供のこと幼稚園のこと・・・さすがに借金の話はしませんでした。

そして、買い物。いつも、安い低脂肪の牛乳を買っているのに普通の牛乳を買いました。「やっちゃったなあ。」と思っていたら、ママはもっと高いおいしい牛乳を買っていました。そして、ママがケーキを買っているのを見て、「欲しい。」と言って子供が買い物かごに入れました。
そして、お菓子も買いまくり。元に戻そうと思いましたが「今度買おうね。」と言うと子供が泣き出し、ママの手前、戻せなかったです。ラストに今川焼き(場所によっては二重焼き・大判焼きとも言いますよね。)を買って・・・友達とママにばいばいした後、子供に「今日は友達がいたから、こんなにいっぱい買い物したけど、うちは貧乏なんだからいつもこんなに買えないんだよ。」と言いました。でも、良く考えれば、「今日は、このお菓子いらないね。」と言って戻せばよかったし、私だって、いつものように買い物すればいいのに・・・反省しまくりの一日でした。

No.28 / 私事 // PageTop▲

2005.10.28  自転車通勤 <<05:29


最近、と言っても今週からですが、約20分の自転車通勤しています。
初めは、本当にガソリン代がないと言う理由からでした。最近ガソリン代が高くて127円~130円くらいになっちゃって困ってました。子供は、「寒いからいや。」とかいいだすかな?と思っていたら、「○○ちゃんと一緒だ。自転車で幼稚園行くの嬉しい。」と言ってくれてます。私自身も、給料もらうまでと思いながら通勤していましたが、なれると楽しいです。風が冷たいですけどね。
意外と歩道が舗装されているにもかかわらず、でこぼこしていて通るたびにゆれてます。ちょっと苦痛です。でも、「でこぼこ道もあともう少しで終わりだ。あの信号を渡ればもうすぐ職場だ。」とか独り言いいながら、楽しんでいる自分もいます。
今は、筋肉痛と戦っていますが、これから出来る限り頑張ります。

No.27 / 日々の生活 // PageTop▲

2005.10.27  2回目の積み立て。 <<05:32


2回目の積み立てに行ってきました。先生はいなくて、事務の人だけでした。また、しっかり領収書をもらい、進行状況をすると、履歴は全部帰っていたが、金額は先生じゃないと分からない、3時頃帰ってくるので・・」「その頃電話します。」といい、事務所を出ました。

そして3時に電話をすると、先生がおられました。
「こんにちは。」
「こんにちは。」
「とりあえず履歴が全部揃い、引きなおしてみました。だいたいご主人が200万円・奥さんが30万円です。」
「(そんなに減るんだ)そうですか。」
「それで、今後の支払いについて話し合いたいので、事務所にこれる日は何時ごろか決めてもらえますか?」
「はい。主人と相談してみます。」
「少ないところを早めに済ませるのなら、月々95000円くらい、3年ゆっくりなら7~8万円ですね。」
「6万円じゃあ厳しいですか?」
「厳しいですね。」
「有難うございました。いまから主人に連絡して電話掛けさせますので。」
といい、電話を切った。早速主人に電話。借金が減ったことを説明。「うん分かった。」と返事。
家に帰ってから、
「事務所に訪問するの、いつがいいかなあ?」
と言うので、
「今週は忙しいから時間が取れないって。」
「そうなん?じゃあ、来週か・・・分かった。」

曜日を決めるのに私に相談してくれないの?私も、借金をしてしまった者として、事務所に説明を聞きに行きたいのに・・・主人は、8万なら払っていけると言うが本当だろうか・・・私は正直きついような・・・でも、主人は「できる。」と言う。行き詰ったらおしまいなのに。

もう少しで、借金総額がはっきりとし、毎月の支払額が決まる。大丈夫かな?これからやっていけるのだろうか?この先どうなるのだろう?急に不安が襲ってきた。


No.26 / 任意整理 // PageTop▲

2005.10.26  複雑な気持ち <<05:20


今日は、司法書士の方に積立金を支払いに行きます。今日も仕事が忙しく会社を抜けれないので、私が持っていくことになっています。

「お金持っていってね。」
「仕事忙しそうだね。」
「うん。今日は、会社で留守番しなきゃいけないから。抜けれそうにない。」
「ふーん。」
「ところで、俺たちって結局幾ら払わないといけないか聞いといて。それと、進行状況も。」
「うん。」

以前、「これくらい払うようになります。」って、司法書士の人が言っていたのに・・・未だに把握していない。私が、「着手金が2万円で成功報酬が2万円計4万円1社ずついるから、夫婦合わせて6社だから24万円だよ。あと、減額金額にによって・・・」と説明しても「とりあえず聞いて。」と。私の説明じゃあ納得できないみたいです。
信用されてないんだなと感じました。でも、仕方ないです。私自身、主人に返済してもらっていたカードでお金を再び借りていたのだから。私も、お金に関しては主人を信用してないですから。お互い様。


No.25 / 主人 // PageTop▲

2005.10.25  突然の電話 <<00:55


司法書士の方に支払いをした次の日、小学校の運動会でした。なんだか子供なりに頑張っていて、走っている姿を見ていると涙が出てきました。親ばかですね。

それはさておき、子供の競技を見ていると、突然私の携帯が鳴りました。番号を見ると知らない番号。昨日も掛かってきたのですが、そのときはすぐに消去。でも気になり出ると、
「もしもし?」
「○○ですけど、きのこさんですか?」
「(嫌な予感)はいそうですけど。」
「いつもお世話になっております。○イフルです。今月の入金をされていないようなんですけど、今日何時頃入金できますか?」
「(昨日の電話は、○イフルからだったんだ。)その件はちょっと・・・」
「そうですよね。ご主人がいつも入金されているんですよね。では、ご主人が帰られましたら、また、連絡して下さい。」
「はい。」

いえなかった。はっきりと、「司法書士に委任しています」と。小学校のグランドで、しかも回りに沢山の人がいるのに、任意整理という言葉はいえません。
主人は、私の挙動不審に気づき、2人で周りに人がいないところに行き、
「今の電話誰?」
「○イフルから。」
「司法書士に任せている。任意整理をしているといえば済むことじゃん。周りが気になるなら、走って人のいないところに行けばいいじゃん。」
「・・・・うん。」

全く主人の言うとおりです。
その後、すぐに主人が○イフルに連絡を取り、任意整理をしていて、司法書士の先生に任せていると言うことを伝えてくれました。その後、電話が掛かってくることはありませんでした。

人の借金のことにとやかく言っているのに、肝心なことが全然いえない。だめな人間です。

←and more
No.23 / 電話 // PageTop▲

2005.10.24  主人について <<00:35


借金と主人は切っても切り離せません。
今日は、主人のことについて話してみようと思います。
説明の足りないところもありますがご了承下さい。

主人のよいところ
1 はっきり物を言う。
2 人に媚びない。
3 先のことを考えて行動する。
4 ケンカしても次の日に引きずらない。
5 体調の悪いときは、家事全般をしてくれる。

主人の悪い(?)ところ
1 見栄っ張り
2 はっきり物を言う。
3 自分の意見を押し通すことが多い。

です。
良いところについてですが、
1は遠まわしにねちねち言わないので好きです。
2は上司に対しても世間で言う「よいしょ」をしません。
3はその日のうちに解決します。
4は子供の面倒もしっかり見てくれてます。

悪いところについてですが、
1は、持ち物は人よりいいものを持っていないとダメです。基本的に。趣味でしていた熱帯魚は道具から入ります。住むところにしても、地区年数の古いところは絶対拒否します。
2は、私に対しても他人に対しても、男女問わずハッキリ言います。
いいところでもあるのですが、私にとっては「それ、ちょっときついんじゃない?」と感じます。
3は、私が主人に対しての一番嫌いなところです。
私がこうじゃない?と提案したり、答えても、「でも・・・」とか「だけど・・・」とか言って一回で私の意見に賛成してくれません。(私が、間違ったことを言っているのかもしれませんが・・・)
主人は、口が立ちます。本人もそれを認めています。「口げんかで絶対負けない。反論しながら、相手がこういってきたらこういうと常に考えている。」と言います。頭の回転が速いのは確かです。

でも、あまりにも私の意見が通らないと「私って何なんだろう。かもにされてるんだろうか。」と考えてしまいます。最近は、「離婚したほうがいいのではないか?」と思うこともあります。結構出来の悪い人は見下した言い方をします。私がちょっと余計なことをいうと不機嫌になってにらむし・・・(仕方ないか。)

借金完済するまでは、離婚はするつもりはありません。主人の借金は、私たち家族のために使ったものもあるので。もし、すぐに離婚してしまえば主人の収入は、自分の自由に使えるし、余計なことを言う私もいなくなります。主人は喜ぶでしょう。喜ぶ顔を考えるとイヤだし、借金はきっちり返していきたいので。

私にも悪いところはあります。私自身は大丈夫と思って言うと、予想以上に相手がへこむことがあります。これが、私の一番いけないところ。主人の悪口ばっかり言ってますが、自分の悪いところもなおさなきゃいけないです。

愚痴ってばかりでは、前に進めませんね。ごめんなさい。



No.21 / 主人 // PageTop▲

2005.10.23  司法書士の方に1回目の積み立て(支払い)をする。 <<00:23


今日は、初めて司法書士の方に積み立てをする日です。2人の給料日が25日なので、毎月25日(休みの場合翌日)に6万円支払うようにしています。司法書士の方が、家がお金に困っているのを配慮して、着手金を分割にしてくれました。

今月(9月)は、主人が仕事で会社を離れることができない為、私が支払いに行くことになりました。約1か月振りに行きます。事務所の前に立つと、いつもながらどきどきして、顔がこわばってしまいます。

今月は、出費が重なった為、事情を話し5万円にしてくれました。
現在の状況を聞くと、取引履歴が来ているのが、2人の○ロミス・主人の○イフルだそうです。なんで、私の○イフルが来ていないの?と気になりましたが聞けませんでした。
主人のほうは、会社名は忘れてしまいましたが、1社が20万円代でもう1社が18万円前後になり、私のほうは平成8年からなので、0に近いだろうと思っていましたが、今年30万円借りでいるので、それがまるまる残る形になります。と説明を受けました。思ったよりも減額されていてびっくりしました。

すぐに、主人の会社に行き誰もいないのを確認し、領収書を渡し減額の事を伝えると、ビックリしていました。それで、何気なく、「○ロミスっていつごろから借りていたの?」と聞くと、「知らん。判らない。」と不機嫌になってしまいました。ちょっとショック。会社には誰もいなかったし、任意整理して頑張ろうと決めたから聞いてもいいかな?と思ったのに・・・私の聞くタイミングが悪かったみたいです。

夫婦でありながら、借金のことはなかなか聞けない・・・難しいです。

No.22 / 任意整理 // PageTop▲

2005.10.22  任意整理 <<23:30


私達夫婦がしている任意整理について書こうと思います。

任意整理とは、裁判所などの公的機関を利用せず、弁護士・司法書士などの専門家が債権者と話し合いをして、借金の減額や利息の一部カット、返済方法を決め、和解を求めていく手続きです。
債権者と和解案に合意が出来た場合は、和解案にしたがって、3~5年の間で借金を返済していくことになります。

<任意整理の手順>
弁護士・司法書士に相談(このときに、正式に任意整理することが決まったら、委任契約書の取り交わしをします。弁護士・司法書士が債権者に受任通知の発送をし、取立ては止まります。同時に取引履歴の開示も求めます。)
           ↓
   利息制限法にもとづき引きなおし計算
           ↓
     月々の返済可能額を計算
           ↓
     債権者に債権カットを要求
           ↓
     債権額に応じて返済額を再計算
           ↓
       全債権者との同意
           ↓
     計画に従って返済
(同時に和解しない場合は、和解したところから支払い開始。)

<メリット>

・一部の借金のみ整理することも出来る。
・専門家に依頼した後は各債権者からの取立てが止まる。
・借金を減額したり、払い過ぎていたお金を取り戻すことが出来る。
・業者との話し合いで手続きが進む為、身内に知られることはない。
・自己破産や個人再生のように官報に載ることはない。
・自己破産のように各種の資格制限がない。
・市町村役場の破産者名簿に載ることがない。
・裁判所を使わないので、呼び出しなどの時間的な拘束は少ない。

<デメリット>

・ブラックリストに載ってしまう。
・数年間は、新たな借金やクレジットカードを作ることはできない。

<費用>

(着手金+報酬金)×債権者数
利息カットとは別に、債務過払いの返還に成功した場合、減額の10%過払い報酬が返還額の20%。事務所によって、金額は異なりますので、参考までにしてください。

<相談窓口>

各市町村の無料相談があります。地域限定ですが、日本クレジットカウンセリング協会もあります。

不備な点もありますが、もし分からない事があればインターネットでいろいろ検索するのも、勉強になると思います。長文で、スミマセンでした。




No.24 / 任意整理 // PageTop▲

2005.10.21  私のはまったギャンブル。 <<05:47


皆さんは、ギャンブルをしたことありますか?私は、結構した事のあるほうだと思います。
私のした事のあるギャンブルは、パチンコ・スロット・競馬・競艇です。一番のめりこんだのは、パチンコ・スロットです。

初めてパチンコをしたのは、小学校3年生の頃です。父親についていき、大当たりして喜んでいました。その後は、当たり前ですがすることはありませんでした。

そして、就職してから(18歳)地元を離れていたのでほとんどすることはなく、実家に帰ったときくらいにする程度でした。(月に1回)

25歳のとき実家に帰り、それからは、友達と離れた寂しさ・実家の両親がパチンコがすきだったこともあり、週末はパチンコ打っていました。スロットはやくざのするもの(親がそういっていました。)と言われていたのでやったことはなかったです。でも、付き合っていた彼氏(今の主人)がスロットしていたので、自然とするようになりました。パチンコで、その頃8万円勝ったので、自分に「パチンコは卒業」と言ってスロットへと代わって行ったのです。

結婚してからは、スロット一色。たまにパチンコしましたが・・・
勝ったときには楽しくて、よく外食して勝ち話をしてました。負けたときは、「今度は行かない。」といいながら、次の日になると「今度こそ勝つぞ」と思っていたものです。裏台(正規の基盤でない物)も打っていました。5万円入れてもBIG/REGも何も出ないときもありますが、出始めるとすごい。最高3000円入れて、13万円勝ちました。(負けは8万円です。)その台は摘発されて台も、販売していた会社もなくなりました。(私の県では、新聞にも載りました)「もしかして、スロットで食べていけるかも?」なんて、絶対ありえない無理なことも考えました。



←and more
No.20 / ギャンブル // PageTop▲

2005.10.20  お金を借りる→返済→お金を借りるを繰り返していた頃 <<05:44


給料をもらうと、「○○と○○に返済して、○○円しか残らないのか、これで、生活しなきゃ。」と返済のことを中心に考えていました。買いたいものは借入額が増えてから、あまり考えていませんでした。しかし、パチンコに行くお金は確保しようと必死でした。

生活が苦しい→カードを作る→枠いっぱいにすぐ使う→生活が苦しい→また新たにカードを作るの悪循環。カードが増えてくると、無人受付機での記入・コールセンターからの質問にもてきぱきと答えられていました。
「こんなことしてちゃだめだ。」と思う反面、カードを作った後は、「やった。これで、また遊びに行ける。返済も楽に出来る。」と自分の貯金が増えたのと勘違いしていました。返済して、借金が多少減ることもあったのに、残高を見て、「これだけ使える。」と枠いっぱいに使います。

借り入れ額が増えてくると、スーパーやデパートのショッピングカード(クレジット機能付き)を申し込んでも、「残念ながら、今回は見送らせて頂きます。」といううすっぺらい封筒が届くようになります。何度も申し込んでいると、封筒の上から触っただけでだめなのが判ります。「もしかして・・・」と淡い期待をして開封すると、「やっぱり入ってないか・・・」とがっかりしたものです。

最終的には、「子供がいなければ、もっと時間を気にせずに働いて、こんな借金すぐ返すのに・・・」と思うほどおかしくなっていました。
今では「子供に迷惑掛けないように頑張ろう。」と思っています。
こんな事を思っていたお母さんを許してください。

No.19 / 私の借金 // PageTop▲

2005.10.19  任意整理開始。 <<05:18


主人の帰宅後、面接のことを話し午後5時半から行くことになりました。

面接当日、午前中は子供と公園で遊び、午後からはパソコンにかじりつき、借金・任意整理関係のホームページを見ていました。
突然主人から電話がかかり、
「早いほうがいいから、4時からにしよう。仕事もあるし。もし、今度ダメだったらもうやめてくれ。俺をこれ以上振り回さないでくれ。」
主人のためにと思ってやっていたことが、精神的に追い詰めて疲れさせていたのです。ごめんなさい。

そして、司法書士の方に連絡し、4時から面接となりました。
やっぱりドアを叩くときには、表情がこわばり心臓がどきどき。
「はいどうぞ。」と声がしたので、ドアを開けました。

面接が始まりました。聞かれたことは、
1 カードを使用し始めた時期
2 カードを作った会社・支店名
3 返済状況
4 家計状況
5 どれくらいなら生活に支障なく返済できるのか

です。引っ越す前の県で作っていたのでそのことも話しました。主人は月々の返済額を8万と言っていますが、正直これはきつい。なにかあったらアウトって感じです。ですが、先生は状況を察して「6万前後にしておきましょう。」といわれました。
私のことも話すと○ロミス・○イフルもすることになりました。

車で、帰宅途中「今日から、和解するまで消費者金融に返済しなくてもいいんだ。」
ちょっと・・・というか精神的にかなり楽になりました。
2005年8月最後の日。

No.18 / 任意整理 // PageTop▲

2005.10.18  任意整理に向けて3 <<05:34


弁護士相談に行った次の日、私の住んでいる県の司法書士無料相談に電話しました。借金の経緯など・・親身になって私の話を聞いてくれました。任意整理は、ギャンブル・趣味でつくった借金でも整理できるとの事。(任意整理の内容はソラさんの(月給16万借金250万)任意整理始めました。を見てください。分かりやすく書いてあります。)
「何処の司法書士の方に電話したらよいのか分からないので、紹介してもらえませんか?」と言うと、
「では、あなたの市の司法書士の方にあたってみます。」との返事。約1時間後連絡があり、
「○○事務所に電話してみてください。おおまかな説明はしてあります。」何度も「有難うございます。」と何度もいいました。

すぐに電話しました。
「先ほど紹介して頂いたものなんですけど・・・」
これまでのいきさつ・支払い状況・残高を説明しました。すると、
「いつ、面接しましょうか?今日明日は忙しいです。あ、今週支払いのところはありますか?」
「○ロミスです。明日です。」
「じゃあ、早くしないといけないね。明日、ご主人の仕事が終わってからでもいいですので、コチラの事務所に来てください。」
ここでも、何度も「有難うございます」を電話にお辞儀をしながら言っていました。
面接が決まり、任意整理できると決まったわけではないのに、気分がハイになって主人にメールしました。すると、
「ありがとう、私はもう疲れました。」
と返信があり、自殺でもするのかと思い、主人に電話しました。
「話は家で聞く。電話切るよ。」
もう少し、喜んでもらえると思ったのに・・・よく考えれば会社で話を聞けないだろうし、任意整理できると決まったわけじゃないから、喜べませんよね。

No.17 / 任意整理 // PageTop▲

2005.10.17  任意整理に向けて2 <<05:23


その頃、アメブロでブログを始めていました。アメブロにした理由はブログのことをよく知らなくて、ちょうど奥菜 恵と藤田社長が離婚したと言う記事を探していてたどり着いたからと言う理由で。単純です。(笑)

そして、いろいろ見ていましたが、一番訪問していたのが、ソラさんの「(月給16万借金250万)任意整理始めました」です。文章も読みやすくうまくまとまっていて、私にはぴったり。一日何回も訪問しました。旦那さんのことでいろいろ苦労をされていてるのですが、前向きでしっかりとした考えをもっておられます。

話は、戻りますが弁護士さんのところへ行きました。初めていくところ。心臓をどきどきさせながらドアを叩きました。
「はい、どうぞ」と、口をもぐもぐさせながら弁護士さんが現れました。食事中ごめんなさい。そして、話を進めました。
「僕の給料は20万円です。この四月から20%カットになりました。」私は、全然知りませんでした。そのなかで、返済をしていたんだ・・・
「借金ですが、○ロミス 50万・○イフル50万・○プラス1 100万・○プラス2 15万・○イフ1 50万・○イフ2 80万・○ISA 40万 計385万円です。」え?そんなにあったの?初めて借金の全貌を知った私。びっくりの連続。金額がおおきい。

そして、弁護士さんの話が始まりました。
「全部引越しの前に借金を作られたんだね。ギャンブル・趣味で作られたのか・・・無理だね。生活が大変とか人にだまされたとか相手をひきつけるストーリーがないと無理だね。弁護士に頼むと費用も掛かるから、特定調停がいいよ。ここに書類があるから記入して裁判所に持っていて。」

期待していただけにがっくりしました。なにかアドバイスや話を聞かせてもらえると思っていたのに。無理やり任意整理させてお金を取られるよりいいかと言い聞かせ、5000円支払い帰ってきました。気持ちが落ち着かずにいました。思わず、ソラさんのところに書き込みしました。そして、アドバイスももらいいました。ソラさんのところから、ターミナルさん(230万円の借金ー無職ー彼女へのウソ)さんからのコメントもいただきました。この二人のコメント・アドバイスに励まされ、無料の司法書士相談に電話をしたのです。
ソラさん・ターミナルさん本当に有難うございました。

No.15 / 任意整理 // PageTop▲

2005.10.16  任意整理に向けて1 <<06:01


どうにもならないと思った私は、債務整理といえば弁護士と思っていたので、とりあえずインターネットで弁護士・債務整理という項目はほぼ全部押していました。主人は、嫌なものを見る目でちらちら見ています。ですが、いろいろあるのです。金額・費用・・・・

そして、主人と話した結果、任意整理でいこうと決まりました。特定調停もありましたが、裁判所には行きたくないと言う理由からです。
とりあえず、すんでいる地域の無料相談に問い合わせると「任意整理をしたいと決めておられるのなら、直接弁護士事務所に電話されて見たらどうですか?」

すぐに、タウンページを見ながら電話しました。

1件目(60歳代)「任意整理を扱ったことがありませんので・・・」
すぐに決まると勘違いしていたのでがっくりです。弁護士さんにも得意分野があるというのをここでしりました。

2件目(30歳代)「今、相当忙しいので、他を当たってください。」
結構、債務整理されることが多いとの事。

3件目(20歳代) 「今不在です。いつ相談できるか予想しかねます。」

4件目(60歳代) 「今、弁護士は不在でして帰ってくれば連絡しますが、忙しいので、2週間後くらいに面接と言うか相談になりますが・・・」もし、この人を断ったらだめになりそうな気がして、「お願いします。」と言いました。電話した日が金曜日でした。事務所の方が今日か月曜日にコチラから連絡しますと言われましたが、月曜日になっても連絡は来ませんでした。妙にあせりました。これではいけないと感じ、またタウンページを開き、60歳代の先生に電話をすると「明日午後1時に来てください」
やった!ようやく相談できる、そして、解決できるんだ、大喜びしましたが、次の日がっくりさせられるとは・・・

No.14 / 任意整理 // PageTop▲

2005.10.15  私の借金 その18 <<05:37


引越しをし、上のこの小学校入学(1年生)、下のこの幼稚園入園(年長)とばたばたしていました。私は、子供が落ち着いてからと思い仕事はしていませんでした。私の最後の給料が19万。普通は返済に少しはまわすのでしょうが、知らない土地・友人もいなく、寂しさをまぎらわせる為、パチンコに毎日通いました。ハローワークに失業手当も月10万もらってました。すべて使いました。これではいけない。いつも思うのになにもできていない・・。残っていたカードのお金をかき集めては使う日々。

そして、2005年7月主人から、「給料が減って返済が苦しい。20万円貸して欲しい。」以前から持っていた○オンカードで、20万円下ろし、残りの30万円を○イフル・銀行カードBの返済に充てました。自分が何をしているのか分かっていません。返済をした、主人の返済も手伝っているなんてとんでもない勘違いをしていました。また、○イフルの枠に余裕が出来て、パチンコに行きました。子供が夏休みに入ったらいけないから、もうこれでやめると自分に言い聞かせ。

そして、8月また主人が同じことを言ってきました。お金を貸してくれと。もうだめだ。私自身もだめだ。主人に思い切って、
「ねえ。もうだめだよ。絶対返していけないよ。無理だよ。弁護士さんに相談しよう。」
「え?もうチョット待ってよ。来月からは何とかなりそう。」
「もうちょっと待っても状況は変わらないよ。こんな事言い出す私を嫌いになってもいい。やるだけやってみようよ。」

主人は嫌がっていましたが、弁護士さんに相談することを決めました。

○ロミス 50万
○イフル 40万
銀行カードA 30万
○ャックス 10万
○オンカード 50万

計 5社 180万円

←and more
No.13 / 私の借金 // PageTop▲

2005.10.14  私の借金 その17 <<07:29


その後も生活は改善されること無く・・・。
外食、惣菜を買う、パチンコ・・・・。また借金を増やしていきました。

また生活費や返済に困るように・・・。

自転車操業をおもいっきりやっていました。
プロミスを返済しまた借りる→アイフルを返済しまた借りる・・・・
毎月毎月繰り返していました。
また返済金が作れなくなってしまいました。主人にも、ましてや両親にもいえない・・・。

「新しい銀行カードを作ろう!!」

店員の方が書類を見るなり、「50万円はかなり難しい(簡単に言えば絶対に無理だと言いたかった。)です。30万円なら出来るかもしれません・・・。」

約一時間後・・・できました!!

すぐに、ATMでお金を引き出しました。

そして、生活費と返済のためと作ったカードも、あっという間に30万円使ってしまうのです。

そんな矢先、また主人の転勤が決まるのです。

アパートの立ち退きの際、あまりにも汚いため30万円請求され夫婦のカードのお金をかき集め支払いました。

バタバタしましたが、新しい土地に引っ越しました。

プロミス 50万円
アイフル 50万円
銀行A 30万円
銀行B 30万円

合計 160万円



No.651 / 私の借金 // PageTop▲

2005.10.13  私の借金 その16 <<20:03


これだけ借金が増えると大変。給料日が来ると、あちこち車で返済に回ります。場所が離れているので面倒くさい。一箇所に集中していればどれだけ楽か?と思ってました。

返済日には気を使っていました。だから全社ほぼ一緒にしていました。気を使う、神経を使うところが違いますね(苦笑)。


ある日、返済日が迫っていました。給料をもらってから10日くらいしかたっていないのに銀行口座には、3桁。(○○○円の世界)

どうしよう。主人にはいえない。どうしよう・・・。

何時間か悩んだ挙句、私の実家にメールをしました。

「プロミス50万円、アコム50万、レイク30万円借りています。借りた理由は引越しやギャンブルです。お金をいくらか貸してもらえないでしょうか?」

すぐに電話がかかってきました。

「どういうこと?」
「引越しやギャンブルで作ってしまった。」
「どうして親に行ってくれなかったの?」
「心配かけたくなかった・・・。」
「結果、心配や迷惑かけているよね?」
「・・・・・・。」
「お父さんに相談してみる。」

数日後、両親が150万円用意してくれました。

「本当は130万円でよかったんだろうけど、20万円は生活費に当充ててね。孫にだけは苦しい思いさせないで。」
「分かった。ありがとう。」

他にも借金はあったが、いえなかった。
アイフルは、完済してしまうと旦那にばれるし、使ってしまいそうだったから。

急いで、プロミス・アコムを完済。銀行に行くと「このカードは随時返済できません。全額返済なら出来るかもしれませんが・・・」痛いところをつくなあ。

結局プロミス・レイク・アコム・JCBを完済し、借金はずいぶん減ったのですが・・・。

アイフル 50万円
銀行   30万円

合計80万円





No.650 / 私の借金 // PageTop▲

2005.10.12  私の借金 その15 <<19:46


「よくよく考えたら主人にアイフルを返済してもらっているから余裕があるかも?」
と思い、アイフルに電話しました。

返事は、
「現在利用できる金額は4000円です。」


?????意味わかんない。


主人も返済しながら借り入れをしていたのです。今思えば主人も借金まみれだったのかも?「やっぱりね。」なんとなく、借金があるのではないかとは思っていましたが。

さあ困った。次はどうしよう。

銀行に行って枠を広げてもらおう!!
お願いすると「審査してたとえ今日審査がとおったとしても、借り入れできるのが3週間ほどかかります。」と返事が返ってきました。

それじゃあ遅い!と思い、「すみません。ありがとうございました。また来ます。」

銀行を後にする。

後残りは・・・・消費者金融!!


また住んでいるところより離れたところで、無人君(レイク)に入るのです。
この頃は借り入れも酷く、でも正直に書くと絶対だめだと思い少なめに書きました。

相手は機械で調べれば本当のことが分かるのに。

そして審査が終わり、
店員「お待たせいたしました。ご希望には添えませんが30万ならご用意できます。」
私「やっぱり50は無理ですか?」
店員「ちょっとむりですね。」

とっさに可能金額が下げられたら困ると思い、
「分かりました。」

といい、すぐ30万円下ろしました。

なぜ50万円を希望したかと言うと残った20万円は返済に充てようと思っていたからです。

そして、主人に渡しました。
「ありがとう。助かった。」

本当は、自分が返済に間に合ってよかった、助かったと思ったのでしょう。

主人「カードはおれに渡してくれ。返済するから。」と言われましたが、やんわり断りました。アイフルと同じ運命は嫌ですから・・・。

またまた、私名義の借金が増えたのです。

プロミス 50万円
アイフル 50万円
アコム 50万円
レイク 30万円
JCB  10万円
銀行  30万円

合計 220万円


No.649 / 私の借金 // PageTop▲

2005.10.11  私の借金 その14 <<19:27


ある日買い物しに出かけたところで、「新規会員募集中!!」とありました。

カードがもう一枚欲しいと思っていたので、迷わず申し込みました。

でも、もう分かるんです。なんとなくだめだってことが。

約3週間後薄っぺらい封筒が届きました。内容は




「今回お申込みありがとうございます。この度お客様のご希望に沿うことが出来ませんでした。またの機会によろしくお願いします。」



がっかり来ましたが、内心「やっぱりね。」の思いもありました。
仕方ない。


そんなある日主人から言われるのです。



「お金を用意してくれないか?」



びっくりしました。



主人「会社の同僚がお金を貸してくれといってきた。おれもお金を貸してあげたいけどお金が無い。す   ーちゃんどうにか用意してくれないか?今日中に・・・。」
私「今日中に?」
主人「うん。頑張ってみるけど・・・。」

そして、行動することになったのですが・・・。


プロミス 50万円
アコム 50万円
アイフル 50万円
JCB   10万円
銀行   30万円

合計   190万円

No.648 / 私の借金 // PageTop▲

2005.10.10  私の借金 その13 <<01:13


「自分で解除しようと思えば出来る。」

こんなシステムなんて無かったらよかったのに。
あっという間に枠いっぱいになりました。情けない・・。

この頃が一番パチンコに行っていましたね。平日に休みの時には、保育園に子供を預けて行ってました。あのころよく売っていた台は「スロット 北斗の拳」です。

借りては返すの繰り返し・・・。あっというまにお金がなくなってしまう。
銀行に行くのが面倒なので、コンビニでキャッシングをして、途中軍資金が無くなったらまたコンビニに。店員さんもうすうす感じていたでしょうね。「この人パチンコしてる。」って。

使うことを拒んでいたアコムのカードを再発行する。やってしまった。
「しょうがない。仕方の無いこと。」と自分に言い聞かせていました。

アコムもあっという間に枠いっぱいまで使ってしまう。

この頃は外食に頻繁に行っていたし、ランチにも職場の人といってました。
惣菜もよく買っていたし。「節約」と言う文字が私には無かった。

そんなことをしていると返済に困ってしまう。

「あ、またカードを作ろう。」
この考えがどんどん自分を苦しめていくのです。

プロミス 50万円
アコム 50万円
アイフル 50万円
JCB   10万円
銀行   30万円

合計   190万円



No.647 / 私の借金 // PageTop▲

2005.10.09  私の借金 その12 <<23:46


引っ越してきて、なれない土地ながら頑張りました。
ひとつきもたたぬうちに就職しました。
もちろん返済のためです。

主人は「迷惑をかけてしまったから銀行カードとアイフルのカードは支払うよ。家計は任せられない。」と給料の入るカードを主人に取られました。(表現が適切ではないですけど。)

仕事を始めても始めの一ヶ月は給料が無いわけで・・・。
そんな中、歓迎会を開いてくれることになりました。
でも、着ていく服と参加費がない。ショッピングローンを利用しようと考えました。
しかし、勤務年数がほとんど無いため、審査がとおりませんでした。

残る手は・・・。プロミスのカードです。
窓口に行き再発行してもらうことにしました。10万円までしか使えないようにしてもらいました。
いままで、すぐに使ってしまっていたので。でも、解除は自分の意思で出来ます。

また生活費に困る日々。どうしよう・・・。

プロミス 10万円
アイフル 50万円
銀行   30万円
JCB   10万円

合計 100万円

No.646 / 私の借金 // PageTop▲

2005.10.08  私の借金 その11 <<23:42


家計は苦しいのは同じ。もっと苦しくなりました。
そんな矢先、主人の転勤が決まりました。

新しい土地のことより、お金のことが心配になります。全然手元にはありません。

必要なのは30万円。
10万円はネットのゲームで当選したJCBカードでキャッシングしました。
残り20万円。どうしよう。

いつもの「新しいカードを作ろう。」です。

以前完済しているアコムのカードは使う気になれませんでした。
郵送でも良かったのですが時間がかかりそうだし、一回は窓口に行かないといけないので、直接窓口で申し込みました。
貯金する人とは違う窓口です。
なんか他の人にじろじろ見られているみたいです。気持ちの問題なのかもしれませんが。

希望枠は30万。心の中で「お願いします。」とお願いしました。30万円希望した理由は、20万円でも良かったのですが10万円は「何かの時に」と思ったからです。
約一時間後、
「お待たせしました。30万円融資できます。」

ほっとしてすぐに20万円借りて、お金を主人に渡しました。
そして、家庭の事情によりヤクルトをやめます。

そして、引っ越しました。

アイフル 50万円
JCB  10万円
銀行カード 20万円

合計 80万円


No.645 / 私の借金 // PageTop▲

2005.10.07  私の借金 その10 <<23:13


生活のまた苦しむようになりました。これじゃあだめだ。

ヤクルトで働くことにしました。いわゆる「ヤクルトレディー」です。
託児所は二人で6000円と普通の民間の託児所では考えられない金額でした。
でも、働き出してからが大変でした。もともと看護婦しかしたことのない私にとって、あたらしい職種。
相手がだめだと言っているのに、強引に売っている人もいました。私には出来ませんでした。
その為売り上げは伸びず、自分で買ったりもしました。期限切れはもちろん買取。慣れてくると、他の人と交換してうまくやりましたが。
「苦しい。ずっと続けていくのは無理。でも少しでも家計の足しにするために頑張る。」
と言い聞かせて。
売り上げは上がらない。買取は増える。買い取るお金が無くなる。悪循環。

そして、今度はアイフルの店頭に行きました。
さすがに子供と一緒に行けないので、子供は託児所です。
優しい笑顔(営業用の笑顔)で迎えてくれ、書類の書き込み方も丁寧に教えてくれました。
審査の間には、ジュースも頂きました。

そして、
受付「お待たせいたしました。ご希望通り50万円です。」
私「やっぱり30万円くらいにしていただけますか?」
受付「まあ、全部無理に使う必要は無いですから・・・。」
私「そうですよね。」

すでに、断ることもしなくなっていた。

「よかった。これで生活が楽になる。」

と思った。しかし、生活はどんどん苦しくなっていきます。

プロミス 50万円
アイフル 50万円
合計  100万円






No.644 / 私の借金 // PageTop▲

2005.10.06  私の借金 その9 <<20:19


ある日実家から帰ってくると、

主人「ここに座って。」
すーちゃん(私)「何?」
主「俺に何か隠し事していない?」
す「え?どうして?」
主「いいから。」
す「何も無いよ。(本当は100万円借金あるけど・・・)」
主「これなに?」
す「(げ、見つかっちゃったのか・・。)プロミスとアコムのカード。」
主「それは見れば分かる。どうしてこういうことになったの?」
す「親戚の人にお金を貸してあげたり、家計の足しにしていた。そして、パチンコもしていて借金をした。」
主「いくらある?」
す「100万円。」
主「(一瞬びっくりした顔をして)まあ、仕方ないね。俺達の生活の生でもあるんだし、今回のボーナスで全額返済しよう。」
す「ありがとう。」

その頃主人のボーナス額が最高の時でした。主人は「ついていかないよ。俺が借金したように見られるから。」と車の中で待機。私が返済しました。すっきりした。

でも、今度は夫婦公認でパチンコしたさのため熱帯魚の維持のため借金するのでした。

プロミス 50万円

←and more
No.642 / 私の借金 // PageTop▲

2005.10.06  私の借金 その8 <<04:47


退院してから、育児は大変になるばかり。上のこと1歳しか違わないのですから。上の子の食事をしているとしたのこが泣き出す。下の子の方に行くと、上の子が泣き出す。いらいらもピークです。

「静かにしてよ!!」

子供に言ってもその大きな声にびっくりして、前より大きな声で泣き出す。
ストレスのピークです。

この頃になると子供二人を託児所に預け、夫婦でパチンコに行っていました。
借金は増えないが減りもしない。

公共料金の支払いが出来なくなりそうになり、どうにもならなくなりました。

「これじゃあ家庭が破綻する。」

既に破綻していると思うのですが(苦笑)。
でもどうやって借りに行こう?子供は二人いるし。
上の子は昼寝をすると3,4時間寝る子だったので、下の子を連れてアコムの無人受付機に行きました。
2回目だったせいか、手際よく言われる書類の用意も準備していました。今回は無職だったので、主人の会社名などを記入していきました。電話番号や住所があいまいだったのですが、係員の人がすぐに調べて分かったみたいです。すごい!!
記入も失敗ありません。審査の結果、枠が50万円できました。

「やっと支払いが出来る。」

安心したのを覚えています。そして、「これ以上使うまい。」と心に誓うのに、すぐに枠いっぱいに使ってしまうのでした。

プロミス 50万円
アコム 50万円
合計  100万円




No.640 / 私の借金 // PageTop▲

2005.10.05  私の借金 その7 <<20:41


産婦人科に入院し出産して3日目のこと。ある重大な事に気付いたのです。

「プロミスの返済日だ。」

でも、このことは主人も知らない・・・。どうしよう。
3日も入院していれば、いつ検温なのか、見回りに来るのか分かります。

私は私服に着替えてこっそりと病院を抜け出し、すぐにタクシーが捕まらなかったので少し歩き、手首に巻いているピンクのベルトを服の中に隠し、タクシーに乗ってプロミスに返済に行きました。

帰りのタクシーの中で打度から外の風景を見ながら、

「私なにやってるんだろう・・・。」ガラスに映った私の表情が悲しげでした。

プロミス 50万円

No.639 / 私の借金 // PageTop▲

2005.10.04  私の借金 その6 <<20:31


出産後、初めての育児にストレスはたまるばかり。毎日いらいらしていました。
主人がそんな私を見かねて、時々「子供の面倒を見てあげる。」と言ってくれて、パチンコに行っていました。お金はもちろん借りていました。自分の収入も無いのに・・・。

そして、借金をしていると、家計に響くようになります。光熱水費の支払いが遅れ始めます。電話料金もです。何回か支払いが遅れると、銀行引き落とし→コンビニ払いになります。
それでも主人には内緒なので、給料日前には毎回頭の中でシュミレーションをしています。
「○○の支払いして、プロミスに返済して、また借りて銀行に入れておいて・・・。」の繰り返し。
嫌になる。

それでも、パチンコは負け続けるのにやめなかったので本当に苦しくなっていきました。

そんな時2人目を妊娠しました。

プロミス 50万円



No.638 / 私の借金 // PageTop▲

2005.10.03  私の借金 その5 <<20:16


そして、新婚生活が始まりました。

毎月2万円ずつ貯金していきました。だんだん貯まっていくのを嬉しく感じていました。

私もすぐに就職し、給料はそれなりにもらっていたとは思いますが、2万円の貯金以外は全て貯金につぎ込んでいました。

プロミスの借金残高は借りては返しの繰り返しで減るはずもなく・・・。
正社員だったので「増額します」の画面が出ていましたが、自分にブレーキをかけていました「これ以上借りてはいけないと・・・。

そんな時妊娠していることが判明。あと4ヶ月で生まれると言う時に、「借金を持って出産できない。」と思い、貯金を主人に内緒で下ろし、返済に充てました。

せっかく貯金していたのに、なんだかんだで使い切ってしまいました。旦那には苦しい言い訳をしていました。「親戚の人がお金が無くて困っているから・・・。」

そして、普通なら借金はやめるのですが、またパチンコにのめりこんでしまい、またお金を借りに行ってしまうのでした。プロミスの枠いっぱいになるのもあっという間。返済日を出産にかからないように神経使っていました。
出産の前日までパチンコ行っていました。そして無事元気な子供が産まれました。

プロミス  50万円

No.637 / 私の借金 // PageTop▲

 Home Next>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。